3R

こんにちは。
 
ライフサポートのアルプスでは不用品回収をしました
 
産業廃棄物を、廃棄物にならないよう、時間があれば
 
再利用を心掛けております。
 
まぁ、もちろん100%出来ているかと言うと、首をかしげる所も多々ありますが、
 
古い食品や、使用済みの食器等は
 
まとめて産廃に持って行ってペレット状にしてリサイクルされていれであろうとは?
 
思いますが、その後どのように使用されているか考えてみますと、
 
機械屋の僕は、真空蒸着などで基盤の保護材になっているのだと考えます。
 
前にエコ検定と言う、環境に配慮した資格があったので、少し勉強したのですが、
 
ペットボトル5本で、Yシャツ一枚が作れるなんて事らしいので、
 
普段燃えるごみに捨てているとすると、大変もったいないなぁと感じますね???
 
さて、ライフサポートのアルプスでは、不用品のリサイクルという事で、
 
家電製品のリサイクルについて、ブログにしたいと思います。
 
家電製品の多くには、金を使った基盤が多く組み込まれており、
 
これらを、剥離して再利用できる技術があります。
 
はじめ、基盤を塩酸に漬け置きして、コンデンサーやダイオード、ハンダと金に
 
分離させて、酸素とアセチレンを使い、ハンダと金を分離させます。
 
集めた金は、ほう砂を使い型の中で溶かし、指輪など作ることも出来るとか?
 
僕も、いずれは指輪を作りたいなぁなんて考えております。
 
お次に、銅を沢山使ったエアコンですが、スクラップに持って行くと
 
お金になるのですが、外作業も多いため、移動式のエアコンを自作しました。
 
さすがに、骨材はホームセンターさんで購入しましたが、これから
 
熱中症の心配もあるので、建機レンタルの工場で使えればとかんがえております。
 
エアコンリサイクル2
 
エアコンリサイクル
 
そして、捨てる予定だった、廃ドラム缶は真っ二つに切り、
 
BBQ用の桶として使用できます。
 
ドラム缶リサイクル
 
ドラム缶リサイクル2
 
最後に、冷蔵庫の楽々移動キャスターは、外装をさび止めスプレーして
 
廃材の板を丸鋸で切り、平床台車に生まれ変わりました。
 
板リサイクル
 
冷蔵庫移動キャスターリサイクル
 
不用品の多くはまだまだリサイクルできる可能性があり、
 
ライス国務長官の「もったいない精神」=米粒を一粒も残さない。ではないですが、、、
 
物を大事にする心で、古いものを新しい形に変える努力を
 
今後も行っていきたいと思います。